〔ほかのコナモン、ビーグル〕

2008年10月13日

大阪焼!(セブンイレブン)

大阪焼「ところ変われば・・・」、といいますが、長野でセブンイレブンに立ち寄ると「大阪焼」というものが販売されていました。

夜店などで回転焼(今川焼)の鉄板や鉄板に丸い金具を使って、お好みの生地と玉子で焼いているものですね。ソース味がいい感じなので、ちょこっと食べるにはちょうどいいかもしれません。



kotubu913 at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月11日

「いたりあSAKABA UNO!」(ながのコナモンフェスティバル2008参加店)

いたりあSAKABA UNO!

少し隠れ家的なお店「いたりあSAKABA UNO!」ながのコナモンフェスティバル2008の参加店ということで、行ってきました。


 

ニョッキ

タリアッテレ

 

 


 

ウンブリチェッリ

パスタだけでも「きたあかりのニョッキ セージの香り」から始まって、「サルミッチャとポルチーニ茸のクリーム タリアッテレ」、「鴨の煮込みソースのウンブリチェッリ」と、どのパスタも自家製。

ウンブリチェッリって、日本のうどんに近いパスタなんですね。どのパスタもおいしかったです。

 

 



kotubu913 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月27日

わくわく宝島(大阪ほんわかテレビスペシャル餃子)

読売テレビの「わくわく宝島」、特選!わくわくコナモン王国に日本コナモン協会もブース出展中。ぜひお越しください。

会場の餃子は、「餃子の丸正」が、[大阪ほんわかテレビ]が番組で紹介した、オリジナル「揚げ餃子」を販売中。

大阪ほんわかテレビスペシャル餃子

梅田の浪速餃子スタジアムにある丸正さんは薄皮餃子のお店としてよく紹介されています。その薄皮が揚げ餃子になってパリッと仕上がっています。塩とレモン果汁でさっぱりといい感じです。



kotubu913 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月12日

ヨーロッパ軒(福井)のソースカツ丼

ヨーロッパ軒

福井の粉もんといえば、カツ丼なんですね。
なんでもソースカツ丼が有名だそうで、カツ丼用のソースも売っていました。

老舗のヨーロッパ軒本店へ行ったのですが、あいにく定休日(火曜日)。近くの城町支店へ行きました。火曜日はこの支店しか開いていないようですし、福井駅からはこちらのほうが近いですね。

ヨーロッパ軒のカツ丼

カツ丼を注文すると、ふたが全然閉まっていない想像以上のボリュームの丼が。

ソースが少し甘めでご飯やカツとよくあっていて美味しかったです。

お店の人と話をすると、何でもこの城町支店は年内で閉店になる予定だそうです。

ヨーロッパ軒のホームページ

所在地:福井県福井市大宮3-14-11

 



kotubu913 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月06日

野菜焼き(阪神百貨店地下スナックパーク)

阪神百貨店の地下のスナックパークはいつ行ってもにぎわっています。 ふだんは「くくる」さんかその系列の「ちょぼ焼本舗」さんへ行くのですが、気分を変えて、「浪速のお好み亭」の野菜焼き。

野菜焼き

お好み焼きの肉などが入っていないもので、中にはキャベツを基本とした野菜が入っていてソース味です。
入っている具材やお店によっては、洋食焼やキャベツ焼と言っていますね。はっきりした違いはないのだと思うのですが。。。

 



kotubu913 at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月02日

「+Sweets」

+Sweets

大阪のユニバーサルシティウォークに阪神地域のスウィーツのお店を集めたテーマパーク「+Sweets(プラス・スウィーツ)」が4月26日にオープンしました。
やっと訪ねることができたのですが、日曜日ということもあってイートインスペースはほぼ満席状態でした。

 

ミエルドーナツ手軽なものをと、「ミエルドーナツ」さんのドーナツを。何種類もドーナツがあって、どれぞれに違った味わいでおいしかったです。たこ焼きミュージアムとはまた違って、デートなどに利用するのに最適なスペースですね。

「+Sweets(プラス・スウィーツ)」公式サイト



kotubu913 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月11日

「いなか亭」

船橋を歩いていると、気になるお店が。

いなか亭

京成船橋駅からすぐのところにあった天ぷら屋「いなか亭」さん。前を通りかかって、気になって入ってしまいました。お店はかなり古くからありそうなのですが、10年ぐらいですよ、とご主人。
近所の人でしょうか、天ぷらを買いに来た人が山盛り買って帰っていました。

天丼

天丼を注文すると丼にてんこ盛りの天ぷら。えび、いか、かきあげ、ちくわと入って500円!しかもおいしい。

話を聞くと大阪(梅田)で働いていたこともあるんだそうです。ちょっと大阪話で盛り上がってしまいました。

充実した時間を過ごせました。

所在地:千葉県船橋市本町1-15-3



kotubu913 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月05日

中華ピロシキ(韮蛋餅:チュータンピン)

韮蛋餅(チュータンピン)開催中のコナモンパークの目玉商品の一つ、韮蛋餅(チュータンピン)。

中に玉子やにらが入った揚げパンで中華ピロシキという名前がピッタリ。

作っている様子などはこちらの美食倶楽部ブログで紹介されています。



kotubu913 at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月27日

「全国味の逸品会」

全国味の逸品会

東京池袋の西武百貨店で開催中の「全国味の逸品会」に日本コナモン協会東京事務局のどるふぃんさんといってきました。会津屋、551の蓬莱、桃谷いか焼きなど大阪を代表するこなもん店が多数出展していました。

 

 

麻辣湯

東京のお店で珍しいものをと渋谷の「七宝麻辣湯」の麻辣湯(マーラータン)を食べてきました。具沢山のピリ辛のスープ春雨が美味しかったです。

 



kotubu913 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月19日

世界レベルの大阪ええもん

世界レベルの大阪ええもん

大阪から持っていくお土産、大阪に来た人に「大阪のおみやげは、何があるの」と聞かれたときなど、いつも困っていました。

何気なく本屋さんで手に取ったこの本で一発解決!

知ってるようで知らない大阪みやげ、
大阪ならではの職人技などが満載

粉もんも、たこ焼きやいか焼き、大阪うどんの元祖などが紹介されています。

この本に紹介されているお店をめぐると、この本が一番の大阪みやげになりますよね。



kotubu913 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月14日

〔かしみん焼〕 「紙の屋」さん

紙の屋

難波千日前のなんば花月のすぐ近くに昨年12月22日にオープンしたばかりのかしみん焼のお店、「紙の屋」さん。岸和田が本場のかしみん焼ですが、このお店はここが本店との事。

 

紙の屋さんのかしみん焼

基本のかしみん焼を注文。味は岸和田で食べるかしみん焼に遜色ないいい感じです。本場と同じく、最後に牛脂ミンチも振りかけてくれるので、濃厚な味わいも同じ。唯一違うのは、大きさが一回りぐらい違う点でしょうか?

 

かしみん焼 380円

所在地:大阪府大阪市中央区難波千日前10-14
営業時間:11:00〜22:00
定休日:なし



kotubu913 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月07日

「酒肴人」さん

酒肴人

梅田の泉のひろばからすぐのところにある「酒肴人(しゅこうじん)」さんは、このブログを始める前には、よく行っていたお店(バー)です。親方(マスター)が、環境問題に関心を持っていて、環境NGOの会員になったりしています。さらに、料理も美味しく、その素材も各地から無農薬など厳選したものを使って調理をされています。

 

酒肴人のとん平

粉もんメニューを、と探したのですが、普通のバーにはないですよね;。とん平焼きが粉もんかどうかは異論も多いと思いますが、とりあえずとん平焼を頼みました。


 

酒肴人のぶし玉どんほかにもいろいろ食べたのですが、一番のおすすめは「ぶし玉丼」。なんでも鰹節、味噌などをあわせた「ぶし漬け」というお惣菜があるらしくそれと玉子をご飯に載せてある丼です。懐かしいような、味わったことないような美味しい味でなんかうれしい気分になります。

 

酒肴人さんのホームページ



kotubu913 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月03日

〔やきそば〕 「おやつ饅頭」さん

おやつ饅頭

名古屋では今川焼きや太鼓饅頭のことを「おやつ饅頭」というんだそうです。そのおやつ饅頭がそのままお店の屋号になっているお店を紹介してもらって、行ってきました。お店に入るとそのまま昭和が残っています。

 

おやつ饅頭のやきそば

お店で肉玉子やきそばを注文。値段も330円と昭和!名古屋のやきそばは、ウスターソースだけを使って焼くんだそうです。細麺と千切りキャベツにウスターソースがよくからんでおいしい。初めての味なのに懐かしい感じがします。

 

おやつ饅頭

お店の屋号になっている「おやつ饅頭」を友人のお土産に買って帰りました。

 

 

所在地:名古屋市中村区太閤通5-1
営業時間:11:30〜18:30 
定休日:水土日祝



kotubu913 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月30日

【3】 「泉州屋」さん 〔大阪コナモン博覧会〕

泉州屋のかしみん焼

大阪の岸和田地方だけにある粉もん「かしみん焼」。洋食焼風の粉もんですが、かしわと牛脂ミンチがはいっているため、「かしみん」の名前が付いています。

岸和田のお店以外では、道頓堀極楽商店街の中の「泉州屋」さんで食べることができます。パリッとした食感と濃厚な肉の味がおいしいです。

かしみん焼 350円

泉州屋さんのホームページ



kotubu913 at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年11月27日

【58】 「喃風大阪アメ村店」さん

喃風大阪アメ村店

姫路に本店のある「喃風」さんでは、少し変わったこなもんを食べることができます。「どろ焼」というそのこなもんは、ふわふわのお好み焼き。少しわかりにくいですが、

たこ焼き:明石焼=お好み焼き:どろ焼

という感じでしょうか。このどろ焼きをはじめて食べたのは、昨年の4月29日の日本コナモン協会のイベントでした。

喃風大阪アメ村店のどろ焼

今回は大阪のアメ村にある「喃風大阪アメ村店」さんで豚のどろ焼を注文。明石焼のようにおだしに入れてスプーンですくって食べます。これがふわふわで、だし味もしっかりしていておいしかったです。
大阪コナモン博覧会には心斎橋のお店が参加してくださっています。

「喃風」のホームページはこちら

所在地:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-8-27



kotubu913 at 18:48|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2007年11月26日

【57】 「サンモリッツ」さん〔大阪コナモン博覧会〕

サンモリッツ

なんば駅から日本橋の電気街へ行く途中にある「サンモリッツ」さんも大阪コナモン博覧会に参加いただいています。
「キャンドルナイト」というものが世間に知られるようになった最初の年2002年の夏至の日にこのお店でキャンドルナイトをした私としても思い出深いお店です。


 

こだわりカレー

「こだわりカレーと珈琲の専門店」というだけあって、カレーのこだわりぶりは驚きます。淡路産の玉ねぎを6時間以上煮込みその旨みが全てルーに。甘味のあるルーですが、それでいてカレーの刺激も十分にあり、おいしかったです。

こだわりカレー 880円

サンモリッツのホームページはこちら

所在地:大阪府大阪市浪速区難波中2-6-20
営業時間:11:30〜20:30
定休日:火曜日



kotubu913 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月15日

長野のおやき+粉もん王座決定戦のお知らせ

長野のおやき(店)

長野名物の粉もんに「おやき」があります。善光寺さんの参道だけでも十数軒ものおやきのお店がありました。行った時間が遅かったので、ほとんどしまっていたのですが、その中の一軒でおやきを食べてきました。

 

長野のおやき

小麦粉で練った団子の中に味噌とナスをベースにした具が入っていました。これがなかなか素朴でおいしかったです。中の具もお店ごとに独自の工夫があるみたい。次回はもうすこし時間をかけてお店を回りたいです。

さて、その長野のおやきを始めとして、全国の粉もんと大阪のお好み焼きたこ焼き店が、粉もん王座をかけてのバトルが今週末に実施されます。現在、JTBのギフト券が当たる王座になる粉もんの予想投票が始まっています。

詳しくは粉もん王座決定戦のサイトで。



kotubu913 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月16日

【51】 「ばくだん大将 難波千日前店」さん

ばくだん大将さん

千日前の商店街に昨日オープンした「ばくだん大将」さん。東京のアメ横に本店があって、大阪へは初めてのフランチャイズ出店とのこと。場所は、以前たこ焼きの「赤鬼」さんがお店を出していた場所のすぐ横になります。

カップインカップ

アメ横では、持ち歩きながら食べれるカップINカップという野が人気とか。それにレギュラーを入れてもらいました。
大きくて食べ応えがあるのは、道頓堀の「門」さんのジャン丸くんと同じ。ひとつを焼き上げるのに15分かかるそうです。中には10種の具が入っていて、食べる場所によって微妙に味が変わります。以前、「ばくだん焼き本舗」さんも紹介しましたが、中に入る具はアサリが青海苔になっているぐらいでほぼ同じでした。お箸を持たないと食べられないので、機能面だけを見ると「赤鬼」さんのたこ焼きのほうが食べやすいかなと思いました。
レギュラー 300円
 ⇒カップINカップはドリンク付きで400円

ばくだん大将のホームページ

所在地:大阪府大阪市中央区難波1-2-3
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休



kotubu913 at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月13日

【44】 「六甲牧場荒井」さんのアイスドッグ

六甲牧場荒井さん

アメリカ村の三角公園のそばにある「六甲牧場荒井」さん。もともと別のお商売をしていたんですけど、アメリカ村が若者の街になってきたのを期にアイスクリーム屋さんへお商売変え。4年前から夏でも冬でも食べられるアイスクリームをと、「アイスドッグ」を売り始めたんだそうです。それが今や「アメリカ村」の定番といわれるようになっているんですね。

六甲牧場荒井さんのアイスドッグ

そのアイスドッグは、熱々の揚げパンにソフトクリームがはさまっています。これが暖かくて冷たくていい感じです。なるほど人気になるのも当然のように思います。

このお店から始まって、全国へ広まったのもうなづけます。

アイスドッグ 300円

所在地:大阪府大阪市中央区西心斎橋1-7-11
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休



kotubu913 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月30日

【42】 「モンパルナス」さんのピロシキ

関西圏に30年以上前に住んでいた人なら、間違いなく口ずさめる歌。
「ぐっとかみしめてごらん、マーマの暖かいこころが・・・・」
この歌で有名なパルナスさんから昭和49年に独立し、当時の人気商品だったピロシキなどを扱っているお店が「モンパルナス」さん。

モンパルナスさん

なにわ食いしんぼ横丁の中にも出店されていました。本店は尼崎のほうだと伺っています。懐かしさもあって、ふらふらと立ち寄ってしまいました。
このピロシキ、ロシアへ行ったときには道端のあちこちで売られていました。家ごとで少しづつ味が違うんだそうです。

モンパルナスさんのピロシキ

ここのピロシキを食べてみると、ロシアで食べたものに味が近いように思いました。香辛料がしっかりときいていてなかなかおいしかったです。

 

ピロシキ 150円

所在地:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10 天保山マーケットプレイス内
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休



kotubu913 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月28日

酔虎伝さんの「てんぷらのうどん」

全国に約700店舗のチェーン展開をしているマルシェグループさんのメニューコンテスト(M−1グランプリ)で、テーマが「粉もん(コナモン)」のときに日本コナモン協会の熊谷会長が特別審査員で招かれたことがあります。

その時の優勝メニュー「てんぷらのうどん」が全国の酔虎伝さんで食べられるとお聞きしましたので、行ってきました。酔虎伝さんのてんぷらのうどん
それがこのうどんの入ったかきあげ。野菜の食感にうどんのもちっとした食感が加わっていい感じのメニューです。さすがグランプリ!全国で食べられるそうですので、一度ご賞味下さい。

てんぷらのうどん 330円

マルシェ酔虎伝さんのホームページ



kotubu913 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月25日

【29】 「CHAI-KHANA(チャイハナ)」さん

今年は「大阪で食べられる海外のコナモン」のお店にも行ってみたいな、と考えています。去年、チヂミや韓国冷麺等を食べに行っていますが、そんな感じの手軽なものがいいですね。 チャイハナさん 今日は、梅田の読売新聞本社の近くにあるバリ島料理のお店「CHAI−KHANA(チャイハナ)」さんへ行ってきました。何度か来たことがあるのですが、バリ島で食べたナシゴレンやミーゴレンの味を楽しめるお店です。 チャイハナさんのミーゴレン 最初はバリ島のコナモン、ミーゴレン(バリ島焼きそば)です。下の写真のナシゴレン(バリ島焼き飯)ともに、現地で使われるホットソース(サンバル)や甘いしょう油(マニス)などの調味料を持ち帰って使っているので、現地で食べた味、いや現地で食べた味よりも美味しく仕上げてくれています。 チャイハナさんのナシゴレン しかもアジア風の味付けは妙に懐かしさのようなものも感じられ、くせになる感じがします。 チャイハナさんのロコモコ丼 もう一つのここの店の名物メニューがロコモコ丼。ご飯の上にハンバーグとデミグラスソース、知らなかったのですが、ハワイのローカルフードだと紹介されています。 そうそう、サイトから会員になると割引などの特典もあります。 CHAI-KAHANA(チャイハナ)さんのホームページ スペシャルミーゴレン 1500円スペシャルナシゴレン 1500円 所在地:大阪市北区西天満5-9-14 電 話:06−6365−6880(同FAX)営業時間:AM11:00〜PM15:00、PM17;00〜PM11:00 定休日:日曜祭日

kotubu913 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2007年01月06日

【27】 「大和」さん

岸和田へ行ってきました。岸和田のコナモンというと岸和田でも浜側だけにあるという「かしみん」。老舗・穴場を探して「大和」さんへいってきました。

大和さん
住宅街の路地の奥にある「大和」さん。地図で探すより、所在地を元に地元の方に聞きながら行く方が確実に着くと思われる場所にあります。また、皆さんとても親切に教えてくださいます。
お店も昭和40年代からしているそうです。「道頓堀極楽商店街へ出店しないかと何度も来てくださったんだけど・・」地元とのつながりを大切にしたいと出店は断ったんだそうです。

大和さんのかしみん焼
作り方は、「キャベツ焼き」のようにしながら、「かしわ(鶏肉)」と「ぶたのアブラのミンチ」を使って作るのがかしみん。焼きあがったあとで、最後にミンチを振りかけて仕上げる。「キャベツ焼き」よりかなり濃厚で地元では夕食代わりにする人もいるとか。かなり美味しかったです。

親子さんで地元も味を地元でつないでいるという、お店の方のあったかい人柄にも触れ、寒さを忘れて帰ることができました。

かしみん 400円

所在地:岸和田市紙屋町15-4
営業時間:11:30〜19:00
定休日:水曜


kotubu913 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月14日

【24】 「せんば自由軒」さんの洋食カレーパン

同じ大丸の地下2階に「せんば自由軒」さんがあり、そこには洋食カレーパンがあった。「せんば自由軒さん」でもここと関西空港のお店にしかないらしい。

せんば自由軒さんの洋食カレーパン
カレーパンを食べると中は自由軒さんのカレーがたっぷり。これまでに食べたカレーパンの中でもかなりおいしい方だと思う。

洋食カレーパン 180円

ところでこの「せんば自由軒」さんは、千日前の「自由軒」さんから暖簾分けをしたお店だとのこと。「自由軒」さんと「せんば自由軒」さんがあるのを今回はじめて知った。
そういえば、たこ焼きの「会津屋」さんも「元祖会津屋」さんと「針中野会津屋」さんがある。
創業者の思いを受け継ぐ、味を伝える、想いを伝える、心を伝える。今だからこそ、必要なことなんですよね。

kotubu913 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月10日

【19】 「元祖平壌冷麺屋 道頓堀極楽商店街店」さん

元祖平壌冷麺屋道頓堀極楽商店街店さん 道頓堀極楽商店街の中にある「元祖平壌冷麺屋」さん。本店は神戸長田にあって、創業70年のお店。 元祖平壌冷麺屋道頓堀極楽商店街店さんの冷麺 ここの冷麺は水キムチのスープを使っているので、酸味が強めのスープ。夏などにはあっさりとして食べやすいように思う。麺もこしのある麺でそば粉を使っているらしい。 10年ほど前に本場平壌の有名店で冷麺を食べたが、スープの味はここほど酸味が強くなかったように覚えている。 ホームページはこちら 平壌冷麺 700円

kotubu913 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月22日

【16】 「たこはち」さんのチヂミ

韓国のコナモンといえば、チヂミ。このチヂミでおいしい店はないかと事情通に聞くと、やっぱり鶴橋周辺でしょうとのこと。でも鶴橋周辺にチヂミを売っているお店はほんまに多い。コナ通団さんに教えてもらったお店がかなりおいしかったので、再度訪問。 たこはちさん たこはちさんは、今の店長さんのお母さんが始めたお店。いつ行ってもお客さんが多いが、これほどの賑わいになったのは、ここ数年のことだとのこと。 たこはちさんの魚チヂミニラのよくあるチヂミもおいしいが、この魚のチヂミがまた格別。刺身でも食べれそうな白身の魚を粉と玉子で合わせて、何度も何度も玉子を重ね塗りをしながら焼いていく。目の前で焼かれるその様子はまさに芸術品。マヨネーズ、ポン酢、からしみそのどれで食べても全く違う味に感じられるほど。おいしかったです。 魚チヂミ 650円 所在地:大阪市東成区東小橋3−15−11 営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日

kotubu913 at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月07日

中之島MUSIC CARNIVAL'06 大阪ニューオーリンズ祭り

中之島公園バラ園いったいで開催されている中之島ミュージックカーニバルで、面白い露店が出ていると聞いていってきました。
「高津宮たぶん日本一の屋台達(自称)」という大阪でも名店といわれているお店が屋台として出店しています。今日はそのお店を回ってコナモンを食べてきました。

たいたま
一番印象に残ったのは、「たいたま」。これは、タイヤキの型で片面に小麦粉の生地にベーコンたまねぎなどを炒めた具を、もう片面は目玉焼きを焼いてあわせたものですが、これがなかなかいい味を出していました。他にもキーマカレー入りのタイヤキなどもありました。Wassy'sというワインのお店の屋台で売っていました。

たこやき風豆乳ケーキもう一つ面白いと思ったのは、「たこやき風豆乳ケーキ」。これは豆乳ケーキをたこやきの型で焼いたもの。チョコをかけるとたこやきそっくりに見えますが、甘くて少しだまされた気分。関テレの「モモコのOH!ソレ!みーよ!」のブースで売っていました。

イベントは明後日まで開催され、以前紹介した釜たけうどんさんも明後日には出店するそうです。


kotubu913 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年09月06日

番外【11】 「ばくだん焼本舗 石切店」さん

ばくだん焼本舗石切店 関東で流行っているという「ばくだん焼」。以前はなんばのドンキホーテ前に移動式のお店があったがなくなり、今は石切のドンキホーテの中にあるこのお店だけになっている。なんばにあった移動式のお店は、10月から枚方の樟葉モールで期間限定の営業をする予定らしい。 

 

ばくだん焼本舗石切店のスタッフ

このブログでお店の人の紹介は初めてかもしれない。店長さんが大阪でぜひこのばくだん焼を広めたいと熱く語ってくれました。

 

 

 ばくだん焼本舗石切店のばくだん焼 さてばくだん焼なんですが、一見でっかいたこ焼き。門さんで売っているじゃん丸くんはたこ焼きなんだけど、ここのばくだん焼はお好み焼き。シメジ、ウィンナー、コーン、ウズラの卵、いか、あさり、天カス、キャベツ、お餅と10種類の具が入っている。タコはない。やわらかめのお好み焼きのようで食べる場所によって具ごとの味わいが楽しめる。名前のばくだんは、かやくご飯の「かやく(火薬)」から来ていていろいろな具が入っているから爆弾にしたんだそうだ。なるほどなあって感心してしまいました。見た目だけで「でっかいたこ焼き」って単純に判断しちゃいけないなあって思います。

ばくだん焼 1個315円

住所:大阪府東大阪市西石切町7-3-46 パウ石切2F
営業時間:11:00〜AM2:00
休日:年中無休
アクセス:新石切駅から西へ徒歩8分



kotubu913 at 00:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年08月21日

82番 「種蛸」さんの洋食焼

種蛸さんを一ヶ月ぶりに訪ねた。
種蛸さんの洋食焼
カウンターに座って、何かおすすめはと聞くと「洋食焼きはどう?」とママさん。そこで今回はたこ焼きじゃなくって、洋食焼。
ごま油を使っているので香りがいい。何もつけなくても素材の味で十分に楽しめる。キャベツの甘味、卵のとろとろ感、そしてチーズで何となくピザ風の味と香りを感じさせながら、ごま油の香りで和を感じさせる。これがまたマッチしていてかなりおいしい。
隠れ家的で素敵なお店です。

洋食焼 400円

住 所 :大阪市北区鶴野町3-22
営業時間:18:30-2:00


kotubu913 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年06月04日

番外の3 「泉州屋」さん

泉州屋さん
今日はもう一軒。同じ道頓堀極楽商店街の中の泉州屋さん。
大阪の岸和田独自のお好み焼きとして知られている「かしみん焼」のお店です。

泉州屋さんのかしみん焼
その名前の通り「かしわとミンチ(牛脂)」を使った一銭洋食風のこなもん。
うわさでは聞いていましたが、食べるのは初めて。
お肉(とり+牛)の味がしっかり出ていて、いい感じ〜。

泉州屋さんのかしみん焼のねぎ焼
ねぎ焼はあっさりとしょうゆ味なのですが、
それでもお肉の味が濃厚なため、食べ応え十分。

かなり気に入ってしまいました。

かしみん焼 350円
ねぎ焼   480円


泉州屋さんの紹介のホームページ

kotubu913 at 01:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
粉もん調査隊プロフィール
JONNY
日本コナモン協会 調査隊
毎日どこかのたこ焼き屋さんに出没中。お気軽にコメントを。おいしいたこ焼きやさん、紹介くださいね。
Archives
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク