【環状線】天満駅

2011年05月02日

〔お好み焼〕名代お好み焼太閤(天満)

ふと本屋で手にとった小説「プリンセス・トヨトミ」。奇想天外なストーリーで一気に読んでしまいました。そのストーリーで重要な役割を果たすのが「お好み焼太閤」というお店です。
天満駅から扇町公園の方へ歩いて行くと「お好み焼太閤」の看板が。少し前からとても気になっていました。

小説の中では、「太閤」にはモダン焼きはないはずなのですが、看板にはモダン焼きの文字。
もう少しこだわって欲しいなあと思いながら店内へ。お店で話を聞くと、5月28日に公開される映画「プリンセス トヨトミ」とのコラボを実現させたのだそうです。
IMGP0974s
店内ののれんの向こうには映画のポスターや映画で使われた衣装などが展示してありますし、テレビでは映画の予告編がエンドレスで流れています。

さて、お好み焼ですが、今回はぼっかけを注文。
IMGP0976s
じっくり煮込んだスジコンの甘さが、生地や少し辛めのソースとマッチしておいしい。

そして、豚焼きそば。
IMGP0975s
無添加酵母入り麺だそうで、コシのあるモッチリした麺。これも少し絡めのソースと良く合っておいしいです。

プリンセス・トヨトミ焼というお好み焼きやお江や赤備えといったカクテルなどオリジナルメニューもあります。今度はオリジナルメニューも試してみよっと。

名代お好み焼太閤
所在地:大阪市北区天神橋4−8−6天神橋産プラザビル1F
電 話:06−6353−1750

名代お好み焼太閤 本店お好み焼き / 扇町駅天満駅中崎町駅

夜総合点★★★★ 4.0






kotubu913 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月20日

〔焼きそば〕「諸国味めぐり RYO」(天満)

関西圏で唯一、常設で富士宮やきそばが食べられるお店「諸国味めぐりRYO」さんがさらにパワーアップ!全国の焼きそばをいろいろと取り扱うようになりました。B級グルメグランプリでは、これまでの四回の開催のうち三回、焼きそばがグランプリを取っています。そんな焼きそばが大阪で常設で食べることができるのですからすごい!

まずは、青森県の黒石つゆ焼きそば。
IMGP0267焼きそばの中でも変り種の一つ、スープの中に焼きそばが入っています。太めの平麺で作った焼きそばとラーメンスープの相性は抜群。たっぷりの揚げ玉とネギが食感にアクセントを添えていて、おいしいです。



もう一つ、福島県の浪江焼きそば。
IMGP0266太麺を使い、豚肉ともやし以外が入っていないソース味の焼きそば。シンプルですが、旨みたっぷりのソースで仕上げてあり、おいしいです。


他にも北海道、岡山などの変り種焼きそばがメニューにずらり。盛り沢山の焼きそばメニューですが、それぞれ地元の人に聞いたり、独学で学んだリした人のこと。店長さん、すごい! また来週来てみます。

「諸国味めぐりRYO」

所在地:大阪市北区天神橋5丁目5-12
営業時間:15:30〜23:30(変更になっています)
定休日:月曜日 (変更になっています)






kotubu913 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月05日

〔焼きそば〕 「諸国味めぐりRYO」さんの富士宮焼きそば(天満)

IMGP0232
JR天満駅から北へすぐの「諸国味めぐりRYO」へ。
大阪で常に富士宮やきそばを食べることができるのはここだけ。しかも富士宮やきそばの達人がここの富士宮やきそばは、美味しいと太鼓判を押すお店です。麺はしっかりコシのある蒸し麺。上にかかった削り節も絶品です。もうひとつの富士宮やきそばの特徴のカス肉も細かく刻まれてふんだんに入っています。



IMGP0234もう一品、「せち焼き」を注文。和歌山県御坊でお好み焼きといえば玉子と焼きそばで焼き上げられたこのせち焼きです。初めて食べるのですが、これはどこかで食べたような・・・。梅田にある老舗「きじ」さんで出しているモダン焼きがちょうどこのタイプです。

これから「諸国味めぐりRYO」さんは、全国の多彩な焼きそばの専門店を目指すそうで、北海道、青森、岡山などなどを準備中だそうです。楽しみです。

「諸国味めぐりRYO」

所在地:大阪市北区天神橋5丁目5-12
営業時間:15:30〜23:30(変更になっています)
定休日:月曜日 (変更になっています)

諸国味めぐり RYO (鉄板焼き / 天神橋筋六丁目、天満、扇町)
★★★★ 4.5



kotubu913 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月26日

〔たこ焼き 331番〕 「一天」さん(天神橋筋1丁目)

IMG_4787天神橋筋商店街の南の端、「一天」の前を通りかかると「黄色い爆弾」というメニューができていました。早速、注文ですが、劇辛系で3つ程度にしたほうがいいですよと店長さんのアドバイス。
フルーティな香りがしておいしそうなのですが、食べてみると甘くて、酸味もあって、なおかつ痛いぐらい辛い。この黄色いソースの招待は、マンゴーと黄色いハバネロなどが入っているんだそうです。「たぶん日本一」辛いたこ焼きメニューではないかと思われます。

劇辛好きの方は、ぜひ。

「一天」続きを読む

kotubu913 at 18:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年11月02日

〔たこ焼き?〕 「たこまん」(天満)

IMG_4748「たこ焼きを太鼓饅頭の機械で焼いてみたら」
縁日などでお好み焼きの具をたい焼きや太鼓饅頭の機械で焼いて売っているのをよく見かけますが、たこ焼きはありそうでなかったように思います。
JR天満駅からすぐのところの「たこまん」さんで、饅頭の機械で焼いたたこ焼きを売っていました。



IMG_4746見た目は少しこげこげのようになっていますが、味はたこ焼き。中にソースが入っています。
少し生地が甘めになっていることもあって、ちょっとクセになる味ですね。

「たこまん」続きを読む

kotubu913 at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月27日

〔カレー〕 「自由軒」(天満)

IMG_4735なんばの千日前に本店のある「自由軒」。先日、阪神百貨店のイベントで天満にもお店ができたとお聞きしましたので、行ってきました。天満駅から少し南にいったところにありました。

※自由軒のホームページに、このお店が書かれていないは、最近できたからかなあ?


IMG_4734中へ入って、インデアンカレーを注文。生玉子を入れてかき混ぜる独特なカレーですね。高校生のころに午前中に家の近所で会っていた親友と別れたあと、なんばへ出かけて「カレー食べよ」と思ってこのお店に行ったらそこでその親友が食ってた、ということがこののカレーを食べていると懐かしく思い出されます。ある意味大阪名物なのかなあと思います。
なんばのお店より少し辛い気がしたのは、気のせいかな?

「自由軒天神橋店」
所在地:大阪府大阪市北区天神橋4-8-27
電話:06-6353-0030
営業時間:11:30〜16:00、17:00〜23:30

洋食ダイニング自由軒 ( 天満 / カレー・カレーライス )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



kotubu913 at 23:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年09月07日

〔焼きそば〕 「諸国味めぐりRYO」さんの富士宮焼きそば(天満)

大阪で富士宮焼きそばがいつも食べられる!
という話を聞いて、天神橋筋商店街にある「諸国味めぐりRYO」さんへ、富士宮焼きそばのことをよく知っているK氏と一緒に行ってきました。
お店の方は、富士宮にある「虹屋」さんで研修を受けたんだそうです。

IMG_4373まずは、基本のソース焼きそば。ソースも地元から取り寄せ、麺も地元の小さな製麺所から取り寄せているというこだわり。そうしないと「富士宮焼きそば」と名乗ってはいけないんだそうですね。
しっかりしたコシの蒸し麺がおいしいです。いつも食べている「K's富士宮焼きそば」さんよりも甘めであっさりした感じの仕上がりになっています。

IMG_4374今回初めてなのですが、しょうゆ味の富士宮焼きそばです。
ソース味と違ってさらにあっさり。いくらでも食べられるという感じがする味。この味がOKだったら、ひょっとして、塩だれの味もおいしいかもしれませんね。富士宮にはあるのかな?一度訪ねてみたいです。

お店には、他にもかしみん焼、せち焼などのコナモンをはじめ、全国を食べ歩いた店長さんがご当地グルメを準備されています。
今度はかしみん焼を食べに行こうっと。

「諸国味めぐりRYO」
続きを読む

kotubu913 at 23:19|Permalink

2009年09月05日

〔ラーメン〕 「らーめん麺元素」さん(大阪天満)

IMG_4369日本コナモン協会のPAPUAさんから30分後に「麺元素」で、と電話。急いでいったのですが、少し遅れました。
お店に入ると壁には、お出しのもとになるような乾物がたくさん。期待感が高まります。
PAPUAさんが鶏元素らーめんを食べていたので、魚元素らーめんを注文。


IMG_4368しばらく待って出てきたラーメンが魚介系の旨味タップリでながらエグミが無くおいしかったです。何でも高麗にんじんのエキスが入っているんだそうです。そう聞くと元気が出るような気がします。

「麺元素」続きを読む

kotubu913 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月24日

〔たこ焼き 335番〕 「天満たこ焼き酒場 GOBUGOBU」さん(天満)

IMG_4304どこで読んだのか、天満に新しいたこ焼きバーができたという記事を読んだので探していってきました。小龍包・大龍包で有名な「上海食苑」の隣に「天満たこ焼き酒場GOBUGOBU」さんがありました。表にもテーブルが用意されて、オープンな雰囲気が素敵です。近所のラーメン店の方も食べに来ていらっしゃいました。


IMG_4301まずたこ焼き。基本の素焼きと少し珍しい塩ラー油を食べてみました。素焼きは、だし味のいい感じのたこ焼きです。塩ラー油は、ピリ辛感が程よく、ありそうでなかった意外な盲点でした。


IMG_4302追加で創作たこ焼きの半熟玉子のせを注文。オムたことは少し違っていて、これも意外な盲点。半熟の黄身をからめて食べるとおいしいです。

ちょっとした工夫が盛りだくさんのお店。まだオープンして一ヶ月ですので、これからが楽しみです。

「たこ焼き酒場GOBUGOBU」
続きを読む

kotubu913 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月09日

〔とん平焼〕〔お好み焼き 86番〕 「れんげ亭」さん(天満)

IMG_4024
天神橋筋商店街の南の端、天神橋筋一丁目から東へ少しいったところにある「れんげ亭」さん。自転車で通りかかると店の前に「山芋たっぷり とん平焼」の文字が。山芋ととん平焼というこれまでにない組み合わせに惹かれて店内へ。
明るい店長さんの声と楽しい話に期待感がさらにアップ!


IMG_4023
出てきたとん平焼きがこれ。これ、実はハーフサイズですが、それでも玉子+豚肉+山芋という組み合わせなのでおなかいっぱいになるぐらいのボリューム。山芋のモッチリした食感が、他店にはないとん平焼きのスタイルで、美味しかったです。


IMG_4025平日のお昼には、お好み焼き+焼きそば+ご飯というランチメニュー「コンビ焼定食」もあり、お得です。



「れんげ亭」続きを読む

kotubu913 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月20日

〔お好み焼き 43番〕 「びっくりお好み焼き まるみ」さん

IMG_3924天神橋筋6丁目の駅からすぐ、商店街辛少し道を入ったところにある「まるみ」さん。前回訪れたのは昨年の7月。一年ぶりで、女将さんの笑顔と明るい声に迎えられて、やっぱりいい感じです。前回はまるみ焼きを注文したので、今回は基本の豚玉。でも出てきたお好み焼はデカイ!普通のお店のお好み焼の2倍ぐらいあります。しかも値段は550円!と、3〜4倍のコストパフォーマンス。しかも、懐かしい感じのおいしさ。近所の方にたくさん食べて欲しいのでずっと値上げしてないんや、と話してくれる女将さんの笑顔でうれしく生ってしまいます。

「まるみ」続きを読む

kotubu913 at 22:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年06月18日

〔もんじゃ焼〕 「もんじゃ屋」さん(天満)

IMG_3878天満中崎商店街にある「もんじゃ屋」さんも、大阪で早く(1993年頃)からもんじゃ焼きをはじめたお店の一つです。そして、もう一つ歌手のAIKOさんが常連さんだったということでも有名ですね。(AIKOさんがバイトをしていたという話を聞いていたのですが、それは間違いと確認しました。)そのため店内にはAIKOさんのサインやポスターなどもいっぱい。音楽もAIKOさんの曲がかかっています。
店内のすこし懐かしい感じのつくりとのアンバランスがまた妙にはまっています。


IMG_3875何よりすごいのは、カクテルの名前が、「桜の時」、「心日和」、「蝶々結び」、「花火」、「あした」、「初恋」、「歌姫」、「花風」などなどのAIKOさんの曲名になっているんです。今回は柚子ベースのカクテル「花火」を注文してみました。


IMG_3876さて、もんじゃ焼き。
その店のオリジナルを食べようと考えて、「すき焼きもんじゃ」を頼んでみました。もんじゃ焼きの生地に牛肉、ふ、などが入り、最後に玉子やネギが入ります。味付けは砂糖しょうゆ。口に入れるとすき焼きの懐かしい感じの味わいで、おいしかったです。

店員のみなさんも、明るくて丁寧。そのためか、少し早い目の時間に訪ねたのですが、ほぼ満員。おいしくて、元気になれるお店です。

「もんじゃ屋」続きを読む

kotubu913 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月03日

〔うどん〕 「大阪うどん・そば てんま」さん (天満)

堀川えびすの斜め向かいの大阪うどんのお店「てんま」さんへ。夏限定の「ごま切り細ざるうどん」を食べてきました。
IMG_3806このうどん、ゴマの老舗「和田萬(繁盛亭向かいのお店)」の金ごまを練りこんでいます。出しつゆにつけないで、そのまま食べると口に入れた時にごまの風味がしっかり。細くてもコシがしっかり。そのままで、全部食べてしまいそうなぐらい。この自家製麺はすごいです。だしつゆにつけて食べたり、しょうがを添えて食べたり、そばつゆを入れてだしつゆを飲み干すまで、その味を堪能してきました。

「大阪うどん・そば てんま」続きを読む

kotubu913 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月30日

〔お好み焼き 62番〕 「甚六」さん (天満、コナモンツアーin天神橋筋商店街)

コナモンツアーもいよいよ最終目的地、てんいちの「甚六」さんへ。

IMG_3793まずは基本の豚玉。
同じ豚玉でも、焼き海苔を使ったり、キャベツの切り方、粉の混ぜ方、などの違いなど店によって違うことを感じていただきました。


IMG_3794そして焼きそばも。普通は玉子にすき焼きのようにつけて食べるのですが、人数の加減もあってご主人の配慮でオムソバにしていただきました。


粉もんのお店だけで4軒食べ歩くコナモンツアー。参加者の皆様はいかがでしたでしょうか。

6月の粉もん調査隊のプチイベントは「とん平焼の真髄を探る」というテーマを予定しております。よろしければ、ご参加ください。

「甚六」続きを読む

kotubu913 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「コナモンツアーin天神橋筋商店街」(天満)

「コナモンツアーin天神橋筋商店街」も3軒まわったところで、雨が降ってきたりして少し中休み。
IMG_3791ニッシンベーカリーで「もっちーに」を買ったり、「天満天神繁盛亭」の向かいにある「繁盛亭横丁和田萬」へ立ち寄ってお土産を買ったりしました。この「繁盛亭横丁」は、創業明治16年のゴマの老舗「和田萬」のお店であり、「街角のペンションLEE」という知る人ぞ知るペンションでもあるんです。


「繁盛亭横丁和田萬」

続きを読む

kotubu913 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

〔お好み焼 15番〕 「双月」さん(天満、コナモンツアーin天神橋筋商店街)

コナモンツアー3軒目。お好み焼の双月さんへ。天満で40年近く営業をされているお好み焼の老舗の一つです。

IMG_3790このお店のお好み焼は、ふわふわな生地で、独特の味わいのソースを使って食べるお好み焼。テーブルの上のニンイクオイルを使うと洋風な風味に早変わり。お好み焼を参加者で分け合って食べました。大勢で押しかけながら少ししか注文していないにもかかわらず、丁寧に対応いただいたご主人に感謝いたします。

「双月」続きを読む

kotubu913 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

〔たこ焼き 200番〕 「うまい屋」さん(天満、コナモンツアーin天神橋筋商店街)

コナモンツアーin天神橋筋商店街の2軒目。中崎町商店街の「うまい屋」さんへ。

IMG_3785お店の前で、ご主人にお話をうかがいました。日本コナモン協会の熊谷会長が学生時代からお世話になっているお店です。





IMG_3786この店独特の鉄板を使って焼き上げるたこ焼きは、ここのたこ焼きは料理になっていると料理評論家に評されたほどの味。普段はソースを使わずに食べていたのですが、ソースも工夫をしているとご主人に言っていただき、食べてみるとなるほどおいしかったです。




「うまい屋」続きを読む

kotubu913 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月27日

〔小龍包・大龍包〕 「上海食苑本店」(天満)

IMG_3763天満にある「上海食苑」さんへ行ってきました。なんでも点心は、本場から職人さんが来て作られているとか。天神橋筋商店街はよく行くのですが、すぐ近くにこんなお店があったのを知りませんでした。



IMG_3761オススメの小龍包を注文。
丁寧に小龍包の食べ方がテーブルの上に書かれています。その通りに食べてみると、これがおいしい。皮が薄めのお店も多いように思うのですが、破れない程度でしかも厚くない絶妙な皮の厚さ。中の肉のスープがジュワジュワっと口の中に広がります。


IMG_3762もう一つ、「大龍包」を。
大龍包というものがあることも知りませんでしたし、小龍包が大きくなると豚まん(肉まん)だと思っていました。知らないことがたくさんあります。
味も違えていて、今度は中には魚介スープがいっぱい。中のスープをこぼさないように今度はストローで食べるんです。美味しかったです。


続きを読む

kotubu913 at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月23日

〔たこ焼き 200番〕 「うまい屋」さん(天満)

天満のうまい屋さんへ、久しぶりに行ってきました。

IMG_3749いつもながらのおいしいたこ焼きです。ここのたこ焼きは、醤油やソース無しでもだし味が十分。生地を足しながら焼いていくので、すこしもっちり感があります。これがモチモチした団子のような感じではなく、程よい加減でおいしいです。料理評論家の山本益博氏も絶賛のたこ焼き。古いたこ焼きの看板同様、味にも年季を感じます。続きを読む

kotubu913 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月10日

〔いか焼き〕 「魚屋太郎」

魚屋太郎

天神橋筋商店街を少し脇に入ったところにある「魚屋太郎」さん。名前の通り魚屋さんですが、写真ののぼりのようにいか焼きも焼いています。

魚屋は40年近くしているそうなのですが、一年ほど前からいか焼きを始めたそうです。

 

魚屋太郎のいか焼き

ここのいか焼きは、目玉焼き一つ分ぐらいの大きさで小さめですが、イカがたくさん入っています。さすが魚屋さん!という感じのいか焼きです。

 

 

所在地:大阪市北区天神橋3−4−17



kotubu913 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月09日

〔たこ焼き 304番〕 「たこ焼道楽わなか天四店」さん

ワナカのたこ焼き天神橋筋商店街を歩いていると、以前難波にあった「たこ○」の店長さんに。今はワナカに戻って、お仕事をされているとか。

ワナカの天四店に入って、しょうゆ味のたこ焼きを食べてきました。濃厚な醤油の味がワナカのたこ焼きのだし味とよくあっておいしいです。

たこ焼道楽わなかのHP

所在地:大阪府大阪市北区天神橋4-7-21
営業時間:11:00-22:30(月〜土)
        11:00-21:30(日・祝)

定休日:無休
電話:06-6881-0353



kotubu913 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月28日

「五感で味わう大阪うどんの会@てんま」開催しました。

「五感で味わう大阪うどんの会」を「てんま」で開催しました。

五感で味わう大阪うどんの会

店内いっぱいにお客様が集まってくださいました。皆さん熱心に、店主のやまちゃんの話を聞いています。

大阪うどんの話、おだしの話、松葉家さんでの修行時代の話、どれ一つとってもお店をしている人ならではの話ばかりです。

きつねうどん

話の後には、きつねうどん。おだしの味やうどんなど一つ一つの意味を聞いた後なので、私は普段とは違う感覚で食べていました。きっと参加者の方も同じような思いを感じていただけたのだと思います。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

毎月、コナモン調査隊企画のイベントを行っていきます。日本コナモン協会のメルマガにご登録ください。

 

 



kotubu913 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月23日

〔うどん〕 「てんま」さん

2月28日に開催する「五感で味わう大阪うどんの会」の打ち合わせに「大阪うどん・そば てんま」さんへ。

きつねうどん

きつねうどんの発祥のお店「松葉家」で修行をされた店主さんのお店なので、ここはきつねうどん。いつもながらおいしいきつねうどんです。

 

てんまのホームページ

所在地:大阪府大阪市北区末広町1-14
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜22:00(LO21:00)土、祝は(LO20:00)
定休日:日曜日



kotubu913 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月21日

「五感で味わう大阪うどんの会」のお知らせ

来週末、2月28日に「五感で味わう大阪うどんの会」を開催します。

てんまさん再オープン

大阪を代表する食文化「きつねうどん」。
今では全国どこにでもあるメニューですが、きつねうどん発祥の店「松葉家」で修業した数少ないお一人「てんま」の御主人に修業時代の貴重なお話から、味と技、その心意気をうかがいます。

 

講 師: 山崎毅之さん(「大阪うどんそば てんま」店主)
聞き手:熊谷真菜(日本コナモン協会 会長)
コメンテーター:沖山欣也(関西麺類研究所 所長)

日 時: 2009年2月28日(土)
     講演会  15時30分より
     終了予定 17時30分(予定)
会 場: 「大阪うどん・そば てんま」
   大阪府大阪市北区末広町1-14 (堀川戎神社の斜向かいのビル)
   電話:06−6315−1114
   交通:地下鉄各線「南森町」駅より徒歩3分
定 員: 20名
会 費: 1,000円 (大阪うどんの代金を含みます)
連絡先: 日本コナモン協会 担当:渡辺
申し込み専用電話 090−6370−5757

 メールにてお名前と連絡先を office@konamon.com までお送りください。



kotubu913 at 23:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年01月31日

〔うどん〕 「てんま」さん

てんまのカレーうどん「てんま」に立ち寄って、名物「カレーおじやうどん」を食べてきました。

鍋いっぱいのカレーうどん+ご飯は、超重量級。カレーの味は和風のオリジナルで、とてもおいしいです。

てんまのホームページ

所在地:大阪府大阪市北区末広町1-14
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜22:00(LO21:00)土、祝は(LO20:00)
定休日:日曜日



kotubu913 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月27日

〔うどん〕 「てんま」さん

うどん屋さんでたこ焼きを食べてきました。これがメチャメチャおいしかった。

JR天満駅近くの「てんま」さんへうどんを食べに行きました。先日、別のうどん店でらんカレーがめちゃめちゃおいしそうだったのでずっと気になっていました。

てんまのらんカレー

まずはらんカレー。

卵とじとカレーうどんが一緒に食べられるのがうれしい限りです。

 

たこ焼きの揚げだし

帰りがけにメニューを見ると見慣れない「たこ焼きの揚げだし」の文字が。座りなおして注文しました。

うどん屋なので、たこ焼きは買ってきたものとのことですが、たこ焼きを天ぷらにして、うどんの御だしで食べる、ある意味究極のだしたこかもしれません。すっかりこのメニューのファンになってしまいました。

てんまのホームページ

所在地:大阪府大阪市北区末広町1-14
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜22:00(LO21:00)土、祝は(LO20:00)
定休日:日曜日



kotubu913 at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月31日

〔うどん〕 「てんま」さん

てんまのとん汁うどん年越しは「てんま」で、と思っていたら、31日(今日)はおやすみになるそうで、昨日行って来ました。

先日の花巻で、こんな食べ方もあるんやと驚いたので、すこし変わったメニュー「とん汁うどん」をお願いしました。味噌煮込みうどんがないのかとよく言われたので、作ったのがこのメニュー。「てんまの味噌煮込みうどん」=「豚汁うどん」ということだそうです。おいしい豚汁の隠し味にセロリを使うなどすこしクセのある感じがまたいい。おいしいおうどんです。

てんまのホームページ

所在地:大阪府大阪市北区末広町1-14
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜22:00(LO21:00)土、祝は(LO20:00)
定休日:日曜日



kotubu913 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月15日

〔お好み焼き 1番〕 「菊水」さん (大阪コナモン博覧会2008参加店)

JR天満駅からすぐの「菊水」さんも昨年に引き続き、大阪コナモン博覧会2008に参加いただいています。

菊水

菊水のテーブル

 

 

 

 

店の前には参加店シールが貼ってありますし、全部のテーブルに大阪コナモン博覧会のチラシを置いてくださっています。

菊水の肉焼

菊水の肉焼

 

 

 

 

肉焼を注文。大阪でお肉というと牛肉のことなんです。菊水さんのお好み焼はキャベツはみじん切、具は生地の真ん中へ入れて焼くようなタイプ。ふわふわでおいしいお好み焼です。

おいしいお好み焼を食べて欲しいから、先々代の時代からお好み焼に焼いていある間は触らないようにといわれます。今も変わっていないこだわり。うれしいです。

所在地:大阪府大阪市北区天神橋4-4-10
営業時間:15;00〜21:00(20時ごろラストオーダーですが、休みは19時ごろに材料切れになることも多い)
定休日:毎週火曜日と第2、第4水曜日



kotubu913 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月27日

粉もん店へ(天満駅、サイコロで環状線一周粉もんツアー)

野田駅のさいの目

野田駅に戻ってサイコロをふると「3」
なんか今回は少な目の数が多い気がします。

3駅移動して天満駅へ

 

天満駅

前回と同じ駅で降りたのですが、同じキャベツ焼というのも面白くないですし、お好み焼は食べたし、たこ焼きは残しておきたいし、と駅についてからさんざん悩みました。

 

芋蛸

芋蛸の焼きそば

 

 

 


悩んだ結果、芋蛸へ。お店へ言ってメニューを見てから悩もうと思いました。
店に入ろうとして看板を見て、焼きそばにすることにしました。何度も来ているお店ですが、以外に焼きそばははじめてだったような気がします。

ここまで、いくら使ったか?
串カツ650円+いか焼き200円+お好み焼200円+焼きそば600円+電車賃440円



kotubu913 at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月19日

一気にここまで(天満駅、サイコロで環状線一周粉もんツアー)

鶴橋駅のサイの目

鶴橋駅へ戻ってきました。前半で、大阪城公園駅だけは、近くにこなもん店が思い浮かばなかったので、できれば避けたい、と思いながらサイコロを振ると、

一気に天満駅まで移動です。 V(^0^)

天満駅

天満駅で降りるとソースのいい香りがします。

駅のすぐ横にキャベツ焼きのお店がありました。

 

天満駅のキャベツ焼き

天満駅のキャベツ焼き

 

 

 


10年ぐらい前からあちこちで見かけるようになりました。その頃は100円でしたが今は130円になっていました。もともとは一銭洋食と同じ重ね焼き。子どものころに実家の近所でお好み焼という名前で同じもんを食べていた記憶があります。さて、食べ終わって次の駅へ。(続く)

食 費:たこ焼き220円+チヂミ400円+キャベツ焼130円
交通費:290円

合 計:1040円

 



kotubu913 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
粉もん調査隊プロフィール
JONNY
日本コナモン協会 調査隊
毎日どこかのたこ焼き屋さんに出没中。お気軽にコメントを。おいしいたこ焼きやさん、紹介くださいね。
Archives
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク