かしみん焼

2009年10月26日

〔かしみん焼〕 「紙の屋」さん(なんば)

なんばへ出ましたので、かしみん焼の「紙の屋」さんへ久しぶりに。

IMG_4731
かしみん焼のねぎ焼というのが気になって、それを注文。

文字通り、ねぎがたっぷり入っています。
最後に牛脂ミンチが乗った状態で写真をまず一枚!
焼きあがってしまうと、ほとんどのお好み焼き、ねぎ焼はその特徴がよくわからないですよね。



IMG_4733こちら焼き上がり。かしみん焼はソース味が普通だと思うのですが、こちらはしょうゆ味になっています。これもおいしい。ただコストパフォーマンスが少し気になります。

「紙の屋」
所在地:大阪府大阪市中央区難波千日前10-14
営業時間:11:00〜22:00
定休日:なし

元祖・岸和田 かしみん焼 紙の屋 ( 近鉄日本橋 / お好み焼き )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

IMG_4733

kotubu913 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月17日

〔かしみん焼〕 「鳥美」さん(岸和田)

IMG_4261岸和田のかしみん焼きの老舗「鳥美」さんへ立ち寄ってきました。ところが、だんじりの関係で超満員の貸しきり状態。挨拶だけをして帰ってきました。
食べることができないとなると、より食べたくなるのが人情。ぜひ、近いうちにもう一度。




kotubu913 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月10日

〔かしみん焼〕 「紙の屋」さん(難波千日前)

かしみん焼というのは、大阪の岸和田のしかも海沿いの地域でずっと食べられていた超ローカル粉もんフード。大阪市内で食べることができるのは、今は千日前なんば花月の南にある紙の屋さんだけになってしまいました。オープン当初に行ったっきりになっていましたが、先日おこたこRadioにも出演されましたので、行ってきました。

IMG_4240かしみん焼は、薄く延ばした生地にキャベツなどを載せるのですが、かしわと牛脂のミンチを必ず使うので、かしみん焼という名がつきました。
焼き上がりを見ると一銭洋食風なのですが、具を載せたところだと写真のような感じでなるほどかしみんです。



IMG_4241トッピングができるというので、ネギマヨ半チーズをお願いしました。
この写真ではやっぱりかしみん焼とはわからないですね。
ネギやチーズなどで味やボリュームはほぼ一銭洋食。でもかしわや牛脂の味や食感は独特のものがありますので、食べるとその違いは一目瞭然(一口瞭然?)。

8月末までは500円のかしみん焼を380円というサービス価格で販売中です。


「かしみん焼 紙の屋」続きを読む

kotubu913 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月26日

〔かしみん焼〕 「泉州屋」さん (大阪コナモン博覧会2008参加店)

泉州屋のかしみん焼道頓堀極楽商店街の中のかしみん焼のお店、泉州屋さん。大阪コナモン博覧会2008に去年に続いて参加いただいています。

岸和田地方のかしみん焼をメジャーにしたのはこのお店の出店がきっかけとも言われています。かしわ(せせり)と牛脂ミンチの入った洋食焼きのような感じで、おいしいです。まだ食べていらっしゃらない方はこの機会にぜひ。

所在地:大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-22

詳しくは道頓堀極楽商店街のホームページへ



kotubu913 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月26日

〔お好み焼き 10番〕 「九分九厘ざんまい屋」さんのかしみん焼

梅田の「九分九厘ざんまい屋」さんでかしみん焼が始まったと聞いて行ってみたのですが、・・・

ざんまい屋のかしみん風お好み焼き行ってみると期間限定でかしみん焼は終わってしまったそうです。5月半ばからの新メニューを作っていただきました。

普通のかしみん焼は、洋食焼き風の生地にかしわと牛脂ミンチをのせて仕上げます。このかしわと牛脂ミンチをお好み焼きに入れて作ったメニューです。ヘルメスのうま辛ソースを使いかしみん焼より美味しい仕上がりになっています。

5月の連休明けか半ばからのメニューですので、一度食べてみてください。

所在地:大阪府大阪市北区角田町9-36梅田一番街
営業時間:11:00〜24:00
定休日:なし



kotubu913 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月14日

〔かしみん焼〕 「紙の屋」さん

紙の屋

難波千日前のなんば花月のすぐ近くに昨年12月22日にオープンしたばかりのかしみん焼のお店、「紙の屋」さん。岸和田が本場のかしみん焼ですが、このお店はここが本店との事。

 

紙の屋さんのかしみん焼

基本のかしみん焼を注文。味は岸和田で食べるかしみん焼に遜色ないいい感じです。本場と同じく、最後に牛脂ミンチも振りかけてくれるので、濃厚な味わいも同じ。唯一違うのは、大きさが一回りぐらい違う点でしょうか?

 

かしみん焼 380円

所在地:大阪府大阪市中央区難波千日前10-14
営業時間:11:00〜22:00
定休日:なし



kotubu913 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月30日

【3】 「泉州屋」さん 〔大阪コナモン博覧会〕

泉州屋のかしみん焼

大阪の岸和田地方だけにある粉もん「かしみん焼」。洋食焼風の粉もんですが、かしわと牛脂ミンチがはいっているため、「かしみん」の名前が付いています。

岸和田のお店以外では、道頓堀極楽商店街の中の「泉州屋」さんで食べることができます。パリッとした食感と濃厚な肉の味がおいしいです。

かしみん焼 350円

泉州屋さんのホームページ



kotubu913 at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年01月06日

【27】 「大和」さん

岸和田へ行ってきました。岸和田のコナモンというと岸和田でも浜側だけにあるという「かしみん」。老舗・穴場を探して「大和」さんへいってきました。

大和さん
住宅街の路地の奥にある「大和」さん。地図で探すより、所在地を元に地元の方に聞きながら行く方が確実に着くと思われる場所にあります。また、皆さんとても親切に教えてくださいます。
お店も昭和40年代からしているそうです。「道頓堀極楽商店街へ出店しないかと何度も来てくださったんだけど・・」地元とのつながりを大切にしたいと出店は断ったんだそうです。

大和さんのかしみん焼
作り方は、「キャベツ焼き」のようにしながら、「かしわ(鶏肉)」と「ぶたのアブラのミンチ」を使って作るのがかしみん。焼きあがったあとで、最後にミンチを振りかけて仕上げる。「キャベツ焼き」よりかなり濃厚で地元では夕食代わりにする人もいるとか。かなり美味しかったです。

親子さんで地元も味を地元でつないでいるという、お店の方のあったかい人柄にも触れ、寒さを忘れて帰ることができました。

かしみん 400円

所在地:岸和田市紙屋町15-4
営業時間:11:30〜19:00
定休日:水曜


kotubu913 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
粉もん調査隊プロフィール
JONNY
日本コナモン協会 調査隊
毎日どこかのたこ焼き屋さんに出没中。お気軽にコメントを。おいしいたこ焼きやさん、紹介くださいね。
Archives
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク