とん平焼

2009年08月18日

〔お好み焼き 31番〕 「心斎橋おこのみ そうるめいと」さん

心斎橋ヨーロッパ通りにある「心斎橋そうるめいと」さんに久しぶりに立ち寄ってきました。今年初めのころより、お店のご主人、元気になっているように思いました。行った時間帯もあったのでしょう、お店は超満員でした。

IMG_4264ここでは初めてのとん平焼。生地+薄切り豚肉+玉子の3層のとん平焼き。中にはもやしも入っていて、値段の割りにおいしく、充実したとん平焼きです。



IMG_4267こちらもお店でははじめての豚ネギ焼。ネギがたっぷり入っていてネギ好きにはたまらない一品。醤油とレモンの味がマッチしていい感じです。



「そうるめいと」続きを読む

kotubu913 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月25日

〔お好み焼き 84番〕 「凡」さん(東京四ツ谷)

IMG_3966danyuの5月号と7月号で紹介されている東京の広島お好み焼きのお店「凡」さんへ行ってきました。
四ツ谷の駅から政吉そばさんの前を通ってしばらく行くと看板があり、そこから階段で地下へ。ご主人のお人柄か、地下とは思えない明るい店内に大きな鉄板のカウンター席と奥にはテーブル席も。広島県出身の方が来られて、常連さんになっていることも多いのだそうです。

IMG_3962まずは広島の重ね焼。たっぷり山盛りのキャベツやもやしをじっくり焼き上げたお好み焼きは、あっさりした野菜の味と見た目以上のボリューム。使っているのは広島のオタフクソース。最後にふったゴマの味と香りもあって美味しいです。



IMG_3959もう一つの楽しみが、大阪以外ではじめて食べる生地を使ったとん平焼。カリカリに焼き上げた豚肉を薄く広島の重ね焼風に広げた生地の上にのせ、その上に目玉焼き。カリカリに豚ばらを焼いている途中、その香りと見た目のカリカリ感で、隣の席のお客さんも同じものをと注文されました。

IMG_3961生地、カリカリ豚、たまごの3つが重なった出来上がりがこれ。マヨネーズ、ケチャップ、からしのとん平焼きの王道の3色の調味料もそろっています。この組み合わせの妙は、他では食べることができない絶品です。

※ご主人が足を悪くされており、その療養のため来週からしばらくお休みされるそうです。

「凡」
続きを読む

kotubu913 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月21日

「五感で味わうシリーズ3 とん平焼きの秘密を探る」

五感で味わうシリーズの3回目「とん平焼きの秘密を探る」を開催しました。

今日、大阪検定が開催されましたが、その教科書にも掲載されていない大阪発祥の料理「とん平焼」。居酒屋メニューとして全国に広まっていますね。

そもそも、居酒屋のメニューとして食べられている「とん平焼」には、豚肉と玉子しか使っていないので「粉もん」には分類されない感じがします。もともとは、粉をといた生地を使って、豚肉の旨味を逃がさないようにしたものが「とん平焼」だったのです。お好み焼や居酒屋のチェーン店が全国展開したときに「豚ピカタ」をとん平焼としたので、過って広まったと考えられています。

「お好み焼き でん」や「ねぎ焼き福太郎」のそれぞれのつくり方でとん平焼を味わいました。
IMG_3929IMG_3934











IMG_3941IMG_3944








それぞれのお店でとん平焼きを食べるのとは違い、食べ比べてみるとただ美味しいというだけではなく、こんなにはっきり違いがあるのかと思えるぐらいでした。

IMG_3946さらには、「お好み焼でん」で考案中のスジコンを使ったとん平焼風のメニューも披露。「すじっぺ焼」というネーミングはここで決まりました。近日中に発売になるそうで、楽しみです。





「おおさか遊ぶろぐ」でこの記事をチェック!

kotubu913 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月09日

〔とん平焼〕 「本とん平」さん(梅田)

今発売中のdancyu (ダンチュウ)2009年07月号で日本コナモン協会の熊谷会長がとん平焼特集を書いています。居酒屋などで販売されているほとんどのとん平焼が、最初のとん平焼きからずいぶん違っているということなど、とん平焼の歴史にも触れています。

梅田お初天神通にある本とん平さんが、とん平焼発祥のお店。
IMG_3833小麦粉を溶いた生地の上に豚ロースと玉子をのせて焼き、ケチャップ、ソース、洋がらし、マヨネーズで味付けするのがオリジナルのとん平焼です。ぜひ一度、オリジナルのとん平焼を食べてみてください。

「本とん平」


続きを読む

kotubu913 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月27日

〔お好み焼き 56番〕 「お好み焼 でん」さん

でんのとん平焼日本コナモン協会の事務局長と花園町の「でん」さんへ。いろいろ食べましたが、それは事務局長のブログに詳しく。

今回はじめて食べたのが、ここのとん平焼。お好み焼の生地を使った昔ながらのスタイル。なんでも熊谷会長が昔食べていたような味に再現したものだとか。ぜひ、一度食べてみてください。

「お好み焼 でん」のホームページ

所在地:大阪府大阪市西成区鶴見橋1丁目5-18
営業時間:17:00〜24:00
定休日:不定休
電話:06-6646-6878



kotubu913 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月31日

〔お好み焼き 57番〕 「生野お好み焼桃太郎 道頓堀極楽商店街店」さん

道頓堀極楽商店街が最終日でしたので、行ってきました。

コナ博などでもお世話になった桃太郎さんで、いもすじいか玉とオムソバを食べてきました。

桃太郎のいもすじいか玉桃太郎のオムソバ

 

 

 

 

桃太郎のとん平

最近、気になっているとん平も。桃太郎は粉(生地)を使っていないタイプ。豚玉に使う豚肉を3枚も使って焼き上げているので、かなりおいしいです。とん平焼の味は、豚肉で決まるというのがよくわかります。

極楽商店街の桃太郎は閉店になりますが、5月中旬に南堀江に新店を出店されるそうです。楽しみです。

 



kotubu913 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月29日

〔お好み焼き 73番〕 「千家」

千家のスペシャルとん平焼最近、とん平焼を求めて食べ歩くことが増えましたが、谷町九丁目駅すぐの「千家」さんでもとん平焼。お店の方に聞くとスペシャルとん平焼というのがあるとのことで、早速注文。

厚切りの豚ロースの上に玉子のオムレツ、特製トマトソースが添えられて、とん平焼という概念を覆すような洋食。しかも、冷静に考えるとコナモンでもない。まあ、おいしいからいいか。

お店でしばらくとん平焼談義をしてきました。楽しかったです。

所在地:大阪市天王寺区生玉前町1−16
営業時間:17:00〜24:00
定休日:日曜日



kotubu913 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月27日

〔お好み焼き 70番〕 「むろまち」さん

むろまちのとん平焼美章園の「むろまち」さんでとん平焼。

こちらは生地のないタイプ。もやし炒めの上に玉子に包まれた豚肉がのっています。ソース味とピッタリでおいしい。とんぺいのほかに、すじ平というメニューもあります。文字通り牛スジ肉のとん平焼ですね。

生地がないということは、冷静に考えると粉もんやないけど、まあおいしいからええということで。

所在地:大阪府大阪市東住吉区北田辺1-3-5
営業時間:11:30〜14:00、16:30〜22:30
定休日:月曜日



kotubu913 at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月26日

〔お好み焼き 5番〕 「ねぎ焼やまもと 梅田エスト店」さん

ネギ焼やまもとのとん平焼とん平焼にはまったというわけではないのですが、とん平焼の食べ歩き中です。

梅田の「ねぎ焼やまもと」で、とん平焼を。こちらもお好み焼の生地を使った元祖タイプのとん平焼。しかも豚肉が2枚!玉子の焼きが半熟でおいしかったです。

所在地:大阪市北区角田町3-25エストE24
営業時間:11:30〜22:00
定休日:第2第4水曜日



kotubu913 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月25日

〔お好み焼き 76番〕 「福太郎 法善寺店」さん

福太郎法善寺店

千日前の福太郎の2号店の法善寺店さんへ行って来ました。

初日なんかはお祝いの花と行列で店の前はすごかったのですが、少し落ち着いてきたみたいです。

 

 

豚ネギ焼

ネギ焼というとスジコンが合うというイメージが強いのですが、福太郎の豚ネギ焼はそのイメージを払拭してくれた一品です。厚めの豚肉を使っているので、脂の旨味でおいしいです。

 

とん平焼クラシック

続いてとん平焼クラシック。「クラシック」と後ろについている理由は、お店を始めたころにあったメニューだから、とのこと。WBCとは関係ないようです。(あたりまえか)

閑話休題。お好み焼の生地、豚肉、玉子の3層構造になっているとん平焼は、おいしい上に、コストパフォーマンスもよく、オススメです。

所在地:大阪府大阪市中央区難波1丁目5-20
営業時間:18:00〜23:00
定休日:月曜日



kotubu913 at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月24日

〔とん平焼〕 「とん平」さん

大阪では昔からあったメニューのとん平焼。居酒屋などで置いてあるお店も増えてきました。昨日の「本とん平」にも書いたように玉子とお好み焼の生地、豚ロースを使うのが元祖。和風ポークピカタをとん平焼としているお店も多いですね。

とん平とん平のメニュー

 

 

 

 

甲子園球場の北側に「とん平」をお店の名前にしている居酒屋さんがあると聞き、行って来ました。甲子園で試合のある日ではないのですが、お店は超満員。お店のメニューも時代を感じさせてくれます。粉もんはとん平焼だけみたいです。

とん平焼

生地の上に豚肉、玉子、味付けはソース、からしなどというスタンダードなとん平焼。懐かしい感じの味わいがおいしかったです。

 

 

所在地:兵庫県西宮市甲子園六番町16-10
電話:0798-49-0879
営業時間:16:00〜22:30
定休日:水曜

 

 



kotubu913 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
粉もん調査隊プロフィール
JONNY
日本コナモン協会 調査隊
毎日どこかのたこ焼き屋さんに出没中。お気軽にコメントを。おいしいたこ焼きやさん、紹介くださいね。
Archives
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク